田舎と都市が農山村の景観と生活文化のなかで熱く交流する
スポーツかくれんぼTM
Cache-Cache Sportif/Athletic Hide-and-Seek
/Versteck-spiel/nascondino/捉迷藏
更新2017年11月24日


おにのカウントの間に知恵をつくして身を隠す


スポーツかくれんぼ?
日本スポーツかくれんぼ協会
スポーツかくれんぼの理念
競技規則
審判規則
フィールドの設営
競技会の運営
用具
大会案内
普及活動


ルール早わかりはここをクリック











リンク


Mail to JKA


「スポーツかくれんぼ太閤杯@名護屋」で真田の軍勢は優勝を逃した


おにとわらしの缶を巡る厳しい攻防 おにの走力、機転も得点源
スポーツかくれんぼのフィールド候補

《里  地》
鎮守の杜/稲を干している田んぼ/寺社の境内/雑木林/
里山/野原/集落/美観地区/大きなお屋敷/など


《地方都市》
産業遺跡/景観地区/自然公園/リゾート/観光地/
資材置き場/テーマパーク/木造校舎/など


※土地柄や場所に応じて自在に設定

狩猟本能が甦る?


開催市町村紹介

フィールド紹介

チーム紹介



自然体感プログラム紹介

┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳雑記帳 (66) ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳ ┳
 「スポーツかくれんぼ太閤杯@名護屋」。
 影響力ある旅行くちコミサイト、トリップアドバイザーが日本の城部門で名護屋城跡を11位に初選出した。わが国へ訪れる外国人観光客が増え、建築物として城は残っていないものの、築城規模やそこへ400年前に集うたそうそうたる戦国武将たちといった歴史的背景が興味をそそるものとなっているらしい。
 その肥前名護屋城、太閤豊臣秀吉の号令一下、全国から戦国武将が大集結したところだ。全国統一を成し遂げ、野望は中国“明”国への侵攻へ膨らみ、先ずは朝鮮半島への出兵の前線基地として、大阪城に次ぐ規模の城を九州は玄界灘を望む半島の突端に築いたのだ。
島津義弘、上杉景勝、副島正則、加藤清正、豊臣秀保、堀秀治、前田利家、小西行長、徳川家康、黒田長政ら、百数十の陣が城周りに設けられたという。この城郭都市に当時十万人を超える人口があったという。結果的に行き詰まりをみせた朝鮮半島への出兵や、名護屋での権勢争いが後の関ヶ原の戦いに繋がっていくのであろうが、日本史の一時期、戦国武将のスターが敵味方なく一堂に会していたことは驚くに値する。そしてその要塞がいまや幻の巨城として改めて大きな注目を集めそうになっている。

 そんな肥前名護屋城跡および陣跡の界隈を駆け巡りながら開催することを目標に、先ずはデモンストレーション大会を波戸岬にある少年自然の家で開催した。もちろんその敷地脇には足利義昭陣跡があり、また真田幸村の供養墓があったりするのだ。
「スポーツかくれんぼ太閤杯@名護屋」は往時の名護屋のみなぎる活気を現在の唐津鎮西地区を中心に、その風土の中で体感しようというものだ。
次回は全国から武将チームの参陣を期している。

What's New

Copyright (c) 日本スポーツかくれんぼ協会(JKA) All rights reserved.
Special Thanks to Japan Travel Bureau Foundation