競技規則

第1章 ゲームの概要

(第1条)競技の定義
 「スポーツかくれんぼ」は競技者5名からなるチームが2つ、ゲームごとに攻撃と守備を交代してポイントの獲得を競い、勝敗を決すものである。
 競技運営は日本スポーツかくれんぼ協会(Japon KAKURENBO-Sportif Association 略称JKA)、国際スポーツかくれんぼ連盟(Federation International de KAKURENBO-Sportif Association)が定める規則によって執り行なわれる。


第2章 フィールド

(第2条)フィールドの広さと形状
 競技フィールドは開催地ごとに定める、おおむね1万平方メートルの連続する野外空間とし、建造物を含むことがある。フィールド内には「缶」を置くおおむね10m四方の小広場が確保できるものとする。
 フィールドは大会ごとに選任されるセッターにより、ポールと張り渡すテープとで区画が明示される。 また、フィールドに妙味が欠ける場合、身を隠す隠れ衝立物をセッターは任意に設置することができる。

(第3条)フィールドの数
 大会の規模、運営方式に応じ、フィールドは近接して複数を設けることができる。
 広さ、形状は同一である必要はなく、競技条件が異なることになんら問題はない。

(第4条)フィールドの事前確認
 競技にあてるかくれんぼフィールドは競技会当日に選任のセッターにより確定される。
 競技開始前、出場選手は合同で一度、5分間の下見をすることができる。


第3章 服装

(第5条)着衣
 公序良俗に反しないかぎり、競技者はおのおの自由なコスチュームで参加できる。ただし、時間を計測できる機器を身につけてはならない。
 試合では主催者から貸与されるゲームベストを着用し、胸と背中に番号を表示する。
 競技者は、そのものを汚したり壊したりしない限り、フィールド内にあるものをその場で道具として、また、偽装に利用することができる。


(第6条)用具
「缶」のサイズはおおむね直径10cm、高さ15cmとする。


第4章 チームの構成

(第7条)チーム構成および役割
 攻撃時は5名でチームが編成され、守備時は1名が「おに」となって「童子」を探す。通常、1チームはコーチ1名、競技者7名により登録構成される。
 コーチは競技者としても登録することができる。コーチの設置は必須条件ではない。

(第8条)呼称
 攻撃は、チームから5名がインプレー出場し「童子(わらし)」と呼ばれる。
 守備は、チームから1名がインプレー出場し「おに」と呼ばれる。


(第9条)競技者名簿、交代
 コーチは試合開始までに出場競技者名を所定用紙に記し審判ブースに提出する。
 試合において競技者は「童子」「おに」ともにゲームベストを自陣内で受け渡し、主審の確認を得ることにより、自由に何回でも交代することができる。 ただし、ゲームベストは正確に着用していなければならない。
 競技者は同一大会で他チームの競技者を重複して兼ねることはできない。


第5章 試合の進め方とルール

(第10条)競技の成り立ち
 試合はチーム対抗の1セットマッチで行なわれる。1セットは2ゲームからなる。
 ゲームごとに攻守を代え、「おに」は「缶」を守りながら「童子」の発見/アウト獲得に努め、「童子」は「缶」攻撃によってポイント獲得と捕らえられた味方の救出、そしてタイムアップまで逃げおおすことに努める。


(第11条)試合の勝敗

 ゲームの勝敗はポイント制を採用し、双方のチームが積み重ねた得点合計により決する。
 試合を終えた段階で、攻守合わせて取得したポイントが集計され、勝者が告知される。
 獲得ポイント数が両チームとも同じ場合、次の判定基準の順で、上位の記録を納めたほうを勝者とする。 @缶蹴りの総回数、A代表者による缶蹴り飛距離。


(第12条)ポイントの方法

 「おに」は開始の30秒を正確に数え、「童子」を探し出すことによりポイントを獲得する。
 「童子」は「おに」の探索から逃げおおすことと「要の円」内にある「缶」を蹴り飛ばすことにより主たるポイントを上げる。「童子」は時間内に「缶」を何度でも蹴り飛ばすことができる。
 ただし、「童子」が「缶」を蹴る際、これを2度、3度と蹴り転がすことはできない。

 「缶」が踏まれているとき、「要の円」外にあるとき、「童子」はこれを蹴ることができない。
 
 「おに」は「童子」を発見した場合、その対象者を正確に指さしゲームベストの番号(あるいは色)を副審に「○番(あるいは○色)見つけた」と大きくコールし、副審の「○番(○色)発見」の発見確認コールを得なければならない。
 副審がその「童子」のゲームベストの番号あるいは色を自身の目で確認できなかった場合、その時点での発見は無効となる。

 「おに」は「童子」を発見するつど「缶」まで戻り、発見した「童子」をゲームベストの番号あるいは色を主審に聞こえるようコールしながら「缶」を一踏み(手タッチも可)し、アウトを確定させる。
 「缶」踏みは、それまでの発見人数分を一度に連続して行なうこともできる。
 他方、発見された「童子」は「おに」に確定踏みされるより先に「缶」を蹴ることで自身の発見を無効にすることができる。

 「おに」は、「童子」の偽装によってゲームベストの番号あるいは色を判別できない場合、その「童子」に近づいてその偽装を取り除いて発見をコールし、あとは同様にアウトを確定する。

 「おに」による発見コールとそれに続く副審による発見確認コールは、対象となる「童子」に届く大きな声でなされ、このコールを受けた「童子」が「おに」によるアウト確定「缶」踏みを、先着し阻止できなかった場合はアウトオブプレーとなり、自陣内に速やかに退かなくてはならない。

 「おに」が「童子」を探しに行っている間、風に吹かれたり「童子」に蹴られたりして「缶」が倒れた状態では「おに」の「缶」踏みは認められない。「缶」は必ず「要の円」の中央に立てられたものを踏まなければならない。
 他方、ころがった状態であっても「缶」が「要の円」内にとどまる場合は、「童子」はそれを蹴ってポイントを上げ、仲間の救出をすることができる。また、「缶」が「要の円」外にあって「おに」がこれを元に戻すとき、予定されていた確定踏みは一度失効となり、発見対象となっていた「童子」はそのまま逃げることができる。

 「缶」を蹴られそうになった「おに」が相手の「童子」をつかんだり、ボディチェックによって不当に妨害したりすることはできない。「童子」も正当な競り合い以外はしてはならない。

 「缶」が蹴られた瞬間、その時までにアウトになり自陣円内に戻っていた「童子」は試合に復帰することができる。
 ただし、味方の「缶」蹴りの瞬間に自陣円内に戻っていないアウト確定「童子」は復帰を認められず、次の救出機会まで自陣円内にとどまらなければならない。
 「おに」は「缶」を元の位置に置き直し競技を再開するが、その間の発見コールは無効である。

 「童子」のうちの1名は「大将」とされ、ゲームベストbP(赤色)を着用しており、発見されると「おに」にボーナスポイントを献上することとなる。

 「おに」はすべての「童子」をできるだけ早く発見することによりポイントを上積みできる。


(第13条)ポイント
 試合開始時の「おに」による30秒カウントが正確(誤差は過不足それぞれ0.2秒以内)になされた場合、「おに」は2ポイントを獲得する。
 逆に、超過したり不足したりした秒数(小数点以下切り上げ)は、相手チームのポイントとして、その数字がそのままポイントに換算される。

 攻撃側は「缶」を足で蹴り飛ばすつど5ポイントを獲得する。

 タイムアップ時点でインプレーの「童子」1人につき1ポイントを攻撃側が獲得する。

 「おに」は「童子」を発見しアウトを確定するごと、1人につき1ポイントを獲得する。

 「おに」は攻撃側の「大将」を発見しアウトを確定するごとに5ポイントを獲得する。

 「おに」がすべての「童子」を発見した時点で当該ゲーム終了までの残された時間は、1分につき6ポイントを「おに」側が獲得する。1分未満は切り捨てられる。


(第14条)後方支援
 コーチ、控え選手は審判席近くに攻守各々のチーム別に印される直径3メートルの「陣」内にとどまる。

 守備側のコーチ、控え選手は「おに」に「童子」の居所を教えてはならない。

 攻撃側のコーチ、控え選手、アウト中の競技者は「童子」に「おに」の居所を教えてはならない。

 ただし、それ以外の情報は、フェイクを含め、敵味方を問わずインプレーの競技者に対して与えることができる。

 インプレーの競技者間における言葉によるフェイント、笑わせは許される。
 ただし、試合の中断や終了を通告するなど試合の成立を欺く言葉は不正行為とみなされる。

 「おに」は「童子」を探すのに、犬や豚など他の動物や機器の助けを得てはならず、自身の五感と第六感によるものとする。


(第15条)待ち伏せの禁止
 「おに」「童子」ともに「缶」から10メートルの範囲(おにのオフサイドサークル)内に連続して45秒以上とどまることはできない。

第6章 ゲームの運営と審判方法

(第16条)競技の開始、中断、再開、終了
 チームの代表が日本式ジャンケンをし、勝ったほうが先攻(童子=攻撃)か後攻(おに=守備)、もしくは自陣を置く円を選ぶことができる。

 「おに」は片足を「缶」に乗せ、主審に対面し両手で両目を覆って開始の合図を待つ。
 5人の「童子」は「缶」が中央に置かれた「要の円」内に片足を入れて開始の合図を待つ。
 競技は主審が片手を頭上に真直ぐ伸ばし、ホイッスルを吹いて開始される。
 開始の合図と同時に「おに」は大きな声で30秒を数える。「おに」は数え終えたら片手を上げてカウントの終了を示す。この間、「童子」はフィールド内のいずれかに姿を隠さねばならない。

 試合終了はロスタイムを含めたすべての時間が経過した時点、または「おに」がすべての「童子」を発見した時点で、主審により笛が吹かれ告げられる。

 競技は審判の両手を頭上で何度も交叉させる合図により中断されることがある。その場合、競技者はいずれも次の指示があるまでその時点のポジションにとどまる。
 中断された時間はロスタイムとなり、再開は開始時と同等の合図でなされる。


(第17条)競技時間
 1ゲーム8分。これを攻守交替の1セットあるいは2セットを行ない、1試合とする。

(第18条)競技の延期と中止および振り替え
 競技開始後に天候などにより競技が続行できなくなった場合は、延期または中止することができる。対戦チームが同条件なら会場を変更し、移すことができる。

第7章 反則と罰則

(第19条)反則
 定められたフィールドから外に出る、禁止された言動を行なう、オフサイドを犯す、ゲームベストを外してプレーする、選手交代時に主審への通知を怠った場合は反則とされる。
 反則に対しては主審が笛を短く連続して吹いて警告を与える。


(第20条)罰則
 故意に反則を重ねる者は、主審の判断により、当該試合の退場を通告される。

(第21条)不正行為
 危険行為、禁止された通信手段の使用、相手のチームおよび選手を侮辱する行為、その他、審判が適性を欠くと判断する行為は不正とし、該当者を出したチームはその時点で敗退となる。

第8章 トラブル処理


(第22条)競技中に負傷または事故が生じた場合の措置
 主審およびマッチコミッショナーの判断で試合中断による処置または試合中止を決定する。試合続行が可能な場合は、控え選手の交代投入によって再開することができる。

(第23条)異議の申し立て
審判の判定に不服がある場合は、試合終了後、相当の証拠と書面と笑顔をもってマッチコミッショナーに申し立てることができる。ただし、試合結果が覆ることはない。

第9章 競技の進行管理

(第24条)競技役員
 一定の大会において競技委員長は競技運営に関する全ての権限を有す。
 マッチコミッショナーは各試合で1名おかれる。


(第25条)係
 主審は「缶」近くで試合開始と終了をはじめ全体のコントロール、アウト確認等を行なう。「缶」蹴り時には競技者の試合復帰を監視し、選手交代の場合はそれを確認する。

 副審は「おに」に帯同して「童子」発見の有無をジャッジする。発見あるいは反則が認められたときは旗を揚げ、「○番(○色)発見」あるいは「○番(○色)反則」と大きくコールし、速やかに主審および審判席に報告する。
 「おに」が「童子」の発見を告げても副審がそれを実際に確認できなかった場合はその発見コールを認めず、旗を下に向けて小刻みに振る。
 副審に発見確認コールされたことを認識せず隠れ続ける「童子」には控えの副審が通告を行なう。

 タイムキーパーは「おに」の30秒カウント、試合時間の計測を行ない、適宜、主審にしらせる。

 記録員は審判とタイムキーパーからの確定を得て、競技者の上げるポイントを随時記録する。

 マッチコミッショナーは担当試合で問題が生じた場合、主審と協議して処理に当たる。問題が容易ならざる場合は、競技委員長と協議し仮決定を下す。

 審判の交代要員は、不測の事態に備えて、大会全体で余裕をもって用意しておく。


(第26条)競技規則の改定
 競技規則は必要に応じて、日本スポーツかくれんぼ協会、国際スポーツかくれんぼ連盟のルール委員会で改訂される。



Copyright (c)2003-2004 日本スポーツかくれんぼ協会(JKA) All rights reserved.
>TOPページに戻る